女性

メスを使わない整形!ボトックスで小顔になろう

注射でスッキリフェイス

女性

留意ポイントの数々

エラの張った顔を小さくするには骨を削るといった方法もありますが、今では注射だけで済むボトックス治療がありますので、手軽に小顔を目指せます。顔が大きく見えるのは、咬筋と呼ばれる下アゴを動かす筋肉が鍛えられ、大きくなることも一因ですから、ボトックス注射でその改善に取り組めるのです。注射だけで済むので治療自体はシンプルですが、それだからこそ小顔のボトックス治療を行う時は、気を付けておくべき点が数々あります。まず治療先を決める際は、顔の筋肉に対して、解剖学的な見識を豊かに持つドクターが勤務する美容整形クリニックを選びましょう。そのドクターなら咬筋の筋肉量やサイズなどもしっかり把握して、希望の小顔に近付けるよう、適切な注入量を算出してくれます。基本的にボトックスは筋肉をリラックスさせ、動きをマイルドにする働きがあるため、必要以上の量を注入しますとアゴに力を入れにくくなるなど過剰に作用する場合があるのです。ですから、患者ごとに異なる咬筋の状態を把握して、適切な注入位置や量でボトックス注射を行ってくるドクターを選びましょう。理想的な仕上がりのためにも、豊富な実績と経験のあるドクターに施術を頼むのがポイントです。一方、小顔治療を受ける時は使用する薬剤にも留意して、信頼の置けるメーカーのボトックスかどうかをチェックすることも欠かせません。良質でないボトックスですと1度では効果が出ず、複数回注射を受けなければならないケースも見られます。ですが、品質の高い薬剤であれば1回でも効き目が現れるなど、小顔治療では外せない留意ポイントになっているのです。上質な薬剤を使ってこそ良い結果が望めますので、可能であれば世界的にも定評があるボトックスブランドの製品を使うクリニックを選んでください。特に長年活用されているボトックス製品なら、それだけ副作用や大きな欠点もない表れですから、安心して小顔治療を受けるためにも大切な確認項目です。また、世界的にメジャーなブランドでは的確な知識を備え、それに基づいて治療できる医師に対し、施注資格を与えている製造会社もあります。その認定を受けた医師は、ボトックス注射に関して確かな注射技術や知識を身に付けている証ですから、認定医かどうかにも気を付けて依頼先を選ぶのも上策です。そのほか、痛みのコントロールも小顔治療ではポイントですので、アイシングなどで痛さを抑えてくれるかなどその点にも配慮しましょう。