女性

メスを使わない整形!ボトックスで小顔になろう

エラ張りはこれで解消

女の人

打つと咬筋が縮小する

美容整形の小顔施術では様々な方法があり、大掛かりな手術を用いずに解決できることもあります。特に咬筋が発達してあごのエラが張っている場合はボトックス注射による小顔施術が最適です。あごのエラ張りは骨格の問題だと思われがちですが、筋肉の発達によって顕著に現れていることも多いのです。もし、筋肉によってエラが張っているのなら、美容整形の中でも手軽に受けられるボトックス注射で縮小させることが可能です。プチ整形として現在は様々な美容外科で行われているため、その気になれば誰でも簡単に受けることができます。ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出した成分を薬剤として使用しています。ボツリヌス菌と聞くと不安を覚える方もいらっしゃいますが、薬剤用に生成されているため、人体に悪影響を及ぼすことはありません。ボトックスは筋肉を一定期間麻痺させる機能を持っており、注入するとその部位の筋肉活動が弱まります。筋肉は使わないでいるとどんどん痩せていくため、エラに注入すれば咬筋を縮小させることができるのです。ボトックスの機能は、あくまで筋肉の活動を弱めることに特化するので、急に小顔になることはありません。施術後3週間から1ヶ月ほどかけて徐々に縮小していきます。効果を実感するまでには一定の時間を必要としますが、施術前と施術1ヶ月後を比べると、顔の輪郭が大きく変化していることに気付くはずです。美容外科の多くはホームページ上に症例写真を載せていますが、ビフォーアフターを比較してみれば、効果のほどが一目でわかります。効果が緩やかなのは、裏を返せば自然な形で小顔を目指せるということです。ボトックス注射の持続期間は限られますが、定期的に受けることで常に痩せた状態を保つことができます。回数を重ねるごとに効き目が長続きするようになるので、頻繁に打つ必要はありません。最初の施術では数か月程度の持続ですが、続けるうちに1年近くもつようになります。中には、咬筋の量が減ると噛む力が衰えるのではと心配される方もいらっしゃるでしょう。しかし、治療法が確立された現在ではそういった心配もいりません。美容外科では、個人個人に適切な診断を下し、必要な分量を正確に導き出して施術しています。そのため、機能に支障をきたすほど咬筋が痩せることはありません。美容整形では、手軽に受けられる施術が数多く存在しており、ボトックス注射による小顔施術もその一つです。誰もが楽に受けられるので、エラの発達で顔が大きく見えている場合は、ボトックス注射を検討してみましょう。